就職活動という名の椅子取りゲーム

###Site Name###

就職活動とは、生活のかかった椅子取りゲームである。


大学3年のころ、就職活動担当の教授に言われた言葉である。10年前の新卒採用を控える動きがまだ緩かったころ、私は20社程度しか就職活動を行わず、見事に敗北した。

それ以来現在に至るまで、正社員での1年以上の勤務はない。
現在も有期雇用のパートタイマーである。

普段の生活の相当な部分を就職活動に充てている私だが、主観的だけでなく、客観的にも就職活動を見る事ができるようになってきた。

そんなことをここで書いてみたい。


就職活動の第一歩は、やはり職安への登録だろう。
何だかんだ言っても、就職活動に関する情報は、ここに集まってくる。

しかし、その求人票を見てみると、意外に思うものも少なくない。
例えば、人気不人気の偏り。
求人が公開されたその日のうちに応募者が殺到、公開終了するような物もあれば、結局応募者が求人公開期間中に現れなかったであろう消え方をするものもある。


前者は公務・事務関係、後者は飲食関係に多い。

私は学生時代、ファミレスでアルバイトをし、社員のつらさを目の当たりにしていた。
そのため、自分の就職活動の際は、飲食系は除外したのを今でも覚えている。

実際の話、求人が出続けているということは、それだけ応募する人がいないのか、採用してもすぐやめるかのどちらかなのだろう。

しかし、意外なパターンもある。

応募者多数で応募を締め切られた求人が、数日とたたぬうちに再び公開されるパターンである。

それは応募者を面接した結果、いい人材がいなくて採用人数が足りなかったのではないかと思われる。

そして、もうひとつ意外なのは、派遣会社の求人が職安にもあるのである。
リーマン前の様な、派遣社員礼賛の空気はどこを探してもない。

働くほうも敬遠するだろう。
私自身、リーマンで派遣切りに遭った口なので、その気持ちはいやになるほど理解ができる。
雇う側と雇われる側に微妙な空気の差があるこの椅子取りゲーム、案外譲り合いの精神も大切なのかもしれない。

http://ejje.weblio.jp/content/%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%96%AC%E5%89%A4%E5%B8%AB
http://allabout.co.jp/gm/gc/14651/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235023667

女性の社長の特別な情報を載せています。

バイトルの料金の情報が必要なタイミングで手に入ります。

幅広い分野の外食の転職の口コミ情報をまとめました。

スバル期間工の情報を掲載しています。

滋賀の医師の転職の専門サイトのココです。